訪問診療とは 在宅医とかかりつけ医



スポンサーリンク

在宅医療の要となる訪問診療は、医師が定期的に(月に2回以上)患者の自宅を訪問し、必要な医療サービスを提供するものです。


具合が悪く病院に行けない状況で医師が駆けつける「往診」も、その仕事の一端となりますが、訪問診療は「在宅医療計画書(訪問診療同意書)」に基づき、より計画的な診療が行われます。

診療の前に本人の意向と病状を聞くのみならず、家族との生活状況や介護の状態、経済的な問題など本人をとりまく様々な点を踏まえ、関係者や家族とも相談しながら柔軟に診療を行います。

事前に決めた日時に患者の自宅に出向いて診療を行いますが、具合の悪い時だけでなく状態の安定している時にも訪問して、患者の体調管理やアドバイス等も行います。


よく耳にする「かかりつけ医」は、厳密には「訪問診療医在宅医)」と同じではありません。

かかりつけ医は明確な定義のある用語ではなく、「普段から自分がお世話になっている(病院の)担当医師」の一般的な呼称です。ホームドクターとも呼ばれます。いくつかの病院でそれぞれの担当専門医にお世話になっている場合、かかりつけ医が何人もいることになります。


たとえば自宅近くの開業医に何年もお世話になっていて、自分の健康状態をよく把握してくれるだけでなく、頼めば自宅に往診にも来てくれる。このような開業医は、その患者にとっての「かかりつけ医」と呼んでよいでしょう。

ただしこの場合、かかりつけ医と呼ぶのはOKでも、訪問診療医(在宅医)でないことがあるわけです。


一方、「在宅療養支援診療所」あるいは「在宅療養支援病院」の届出を行った24時間365日訪問診療を行う体制を持つ医療機関に属する医師が、「訪問診療医(在宅医)」と呼ばれます。この場合は訪問診療医(在宅医)が、すなわちかかりつけ医ともなるわけです。


スポンサーリンク

在宅療養支援診療所は2006年から、そして在宅療養支援病院は2008年から、国によって制度化されました。なお訪問診療においては、もちろん健康保険が適用されます。

在宅療養支援診療所(在支診)とは その概要と動向


2010年(平成22年)現在のデータによれば、全国の在宅療養支援診療所の届出数は12,487、在宅療養支援病院の届出数は331となっています。

(ただし、現状このすべてが在宅医療の実施拠点として機能しているとは言いがたい点に注意が必要です。在宅療養支援診療所としての届出をしていても、実際には訪問診療をほとんど行っていないところもあるようです。)



今日では、在宅医療という言葉自体がほとんど聞かれなかった十数年前に比べ、在宅医療用・往診用医療機器の高性能化も進んでいます。

胃ろうのための経管栄養や吸引器・人工呼吸器やカテーテルなど、さまざまな機器の小型化・高精度化が進み、複数の機器を使いながら在宅の療養や医療を行なう家庭も増えてきています。

病院でのみ高度な医療が受けられ在宅ではそれがかなわないというのは、もはや単なる思い込みに過ぎなくなりつつあります。


訪問診療においては病院では避けがたい診療時間の制約も、原則としてありません。

予定していた往診日でなくとも365日24時間、緊急の場合にはいつでも在宅療養支援診療所の医師に相談できますし、随時往診してもらうことも可能です。

もちろん診察の結果、病院における本格的な治療が必要と判断された場合は、適切な医療機関へ入院するためのサポートもしてもらえます。


在宅医療の普及がなかなか進まない背景として、この「在宅医・かかりつけ医の全国的な不足」の問題があることは明らかです。

在宅医療の普及を妨げる、在宅医のなり手不足 では、この点について掘り下げます。


次の記事は「在宅医療の普及を妨げる、在宅医のなり手不足」です。

ひとつ前の記事は「在宅医療 普及のキーポイント~訪問看護師の増加」です。


 すべての記事は⇒こちらから

スポンサーリンク

カテゴリ


関連サイト


介護施設と介護保険施設 その種類と役割
介護保険 やさしい解説~制度の上手な使い方
在宅介護~高齢者の心身と家族の気づき
高齢者住宅 知っておきたい違いの理由
後期高齢者医療制度 5分で概要マスター


本サイトの情報提供について

本サイト「在宅医療とは~よく生き、よく看取るために」は、在宅医療全般に関わる情報のご提供が目的です。あくまで、これらに関わる広範な一般的知識と情報提供を行うことを趣旨としており、またこれらの情報提供行為により、何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましては、ご自身の判断のもとご使用・ご利用いただくようお願いいたします。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

TOPPAGE  TOP